中目黒の審美歯科サロン 山の手通り歯科 HOME > 虫歯の再発(二次う蝕)について

二次う蝕はなぜ起きるのか?

お口の健康をおびやかす虫歯。虫歯は非常に再発しやすい病気であり、せっかく治療してもその後のケアが不足しているとすぐに再発してしまいます。こちらでは、虫歯および二次う蝕が起きるメカニズムについてご説明します。

虫歯を引き起こす条件とは?

虫歯とは、お口のなかに棲みついた虫歯菌が糖分をエサにして酸を生成し、その酸によって歯が溶けていく病気です。虫歯が引き起こされる条件として、虫歯菌の存在・歯の質や唾液量・食品(糖分)といった要素が挙げられます。

虫歯菌の存在 お口のなかにもともといる細菌ですが、お口のなかの環境の変化によって増殖すると、虫歯になりやすくなります。
歯の質・唾液 生まれつき歯が弱い方や、虫歯菌が出す酸を中和し、洗い流す役割を持った唾液の分泌量が少ない方は、虫歯になりやすいとされています。
食品(糖分) 糖分の多い食品ばかり食べていると、虫歯菌の増殖や虫歯菌による酸の生成が助長され、虫歯になりやすくなります。

二次う蝕とは

二次う蝕とは、詰め物やかぶせ物など一度虫歯治療を受けた歯が、再び虫歯になることをいいます。実は、成人の虫歯の多くがこの二次う蝕によるものだといわれています。つまり、大人になってからの虫歯治療の多くは「再治療」なのです。

二次う蝕の原因

詰め物やかぶせ物は、通常はセメントを用いて接着させます。しかし通常の接着方法では、ものを噛んだときに生じる強い力によって接着がはがれ、わずかな隙間が生じてしまうのです。やがてその隙間に虫歯菌が入りこみ、虫歯が発生してしまいます。

二次う蝕は歯みがきで予防できるか?

通常の虫歯であれば、毎日しっかり歯みがきをすることで予防できます。しかし、二次う蝕は歯ブラシお届かない、歯を修復物とのわずかなすき間か発生するので、歯みがきだけでは予防できません。二次う蝕を防ぐためには、虫歯の再治療が必要なのです。

二次う蝕を防ぐ当院の接着修復システムについて

  • ページの先頭へ戻る